2008年07月27日

36:命の光

腹部に熱を帯びた激痛が走る。
自身の血液が衣服をじわじわと赤黒く染めていく。
衣服と皮膚を無理やり突き破った細い指は、肉をえぐってはいるが、重要な臓器には届いていない。
出血も大量のものではない。
致命傷にはなっていない、と判断できた。
まだ戦える。
しかしその苦痛は簡単には拭えるものではない。
すぐ目の前にフェリジアの顔がある。
その美しい表情には狂気と歓喜とが入り混じっている。

どくん

反撃せねば。
腕を持ち上げる。
腹部に突き刺さるフェリジアの腕を掴もうとする。
しかし、持ち上げた右手は武器ごと魔物から生成された粘体に取り込まれている。
武器と手を封印されたも同然だった。
だが、まだ反撃の糸口はあるはずだ。

どくん

致命傷ではない。
そう、致命傷ではないのだ。
しかし。
なんだこの感覚は。
手足が徐々に痺れてきている。
視界が暗く感じるのは、夜の帳が落ちたせいではないのか。
判断力が鈍ってきている。

どくん

手足が重い。
強烈な脱力感が襲ってくる。
なぜだ。
心臓の音がやけに大きく聞こえる。
聴覚もどこかおかしい。
狂気の笑い声を発するフェリジアがいる。
その声すら遠く感じる。

どくん

まだ決着はついていない。
何がそんなに嬉しいんだ。

「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははは」

狂ったように、嬉しそうに、フェリジアが勝ち誇って笑う。

「素晴らしいわラファエル!そうよ、これが欲しかったのよ!」

何を言っている。
何を手に入れたというのだ。

どくん

「この力!この光!!この魂!!!あなたの命はやっぱり最高の美酒だった!」

命・・・?
俺はまだ戦える。
声が出ない。
この手を離さなければ。
動け・・・
動け・・・・・・
動いてくれ・・・・・・・・

どくん

「全部頂戴!あなたの全てを私に頂戴!そしてひとつとなりましょう!永遠に!!」

わからない。
何を言っている。
聞こえない。
見えない。
どうした。
俺の身に何が起こった。
何も感じない。
感覚が麻痺している。

どくん

「わかるわ・・・あなたの命が私に流れ込んでくるのが!素晴らしい力よ!これで、私は完成する!!」

・・・そうか。
貴様は・・・
俺の命を・・・
フェリジアだけでは飽き足らず・・・
俺をも取り込もうというのか・・・

「・・・大丈夫、あなたは私の中で永遠に生きるのよ・・・。私の中でひとつになるのよ!」

意識が薄れる・・・
俺は・・・
助けられなかったのか・・・
フェリジア・・・

どくん

すまない・・・
俺は
君を助けられなかった・・・
でも・・・
もう、いい・・・
これ以上その姿が汚されるのは見たくない・・・
ならばいっそ・・・
助けられないのなら・・・

俺がいなくなればいい・・・
そうすれば、君のいるところへ・・・
俺もいけるだろうか・・・


どくん


すまない、フェリジア・・・


瞼が重い・・・


体が重い・・・


暗い・・・



どく、ん




これが・・・・・・・・・・





死、か・・・・・・・・・・・・・・・・







ど、く、








夕日が沈む頃、
森の中に
フェリジアの高い笑い声が響いた。
posted by ラストエフ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103653631

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。