2008年09月24日

39:神の力

アルバート、ティファ、セロがフェリジアに対し戦闘の意思を決意する。
それを読み取ったのか、フェリジアは顔だけを三者に向け、どこか優しげな、しかしうっすらとした冷たさを含む微笑みを浮かべる。
体勢は変わらず、ラファエルにひっそりと付き添うように。
そしてその右手はラファエルの腹部にめり込ませたまま。

「今の私はとても気分がいいの。本当なら、お前達も私の眷属達も、もういらないんだけど・・・特別に残しておいてあげるわ。この世に産まれた新たな神の誕生をその目にしっかりと焼き付けておくといいわ。・・・最期に・・・ね。」

フェリジアは聞く者の意識を凍て付かせるかのような言葉を紡ぎ、嬉しそうに目を細める。
そう、彼らはフェリジアの気まぐれで今生きているのだ。
そして彼らだけではなく、支配している眷属である魔物達すら、もう必要ない。
それほど、力を手に入れ完成されたフェリジアは、正に神とも呼べるほどの存在となっていた。

アルバート、ティファ、セロの周囲には未だ魔物達がぐるりと包囲している。
しかしどれもがまるで抜け殻のように立っているだけで、襲いかかってくる様子どころか動き出す気配すらない。
それもただフェリジアが気まぐれに命令を下していないだけであろうが。
それを数少ない勝機のひとつとして、三者はフェリジアに対し攻撃を決意する。

「・・・ここからでもわかる。今のヤツは、凄まじいほどの力が溢れている・・・。」

剣を構えながら呟いたアルバートの額には、うっすらと冷たい汗が滲み頬を伝う。

「・・・あれが、完全体というものなのか。・・・自らを神と名乗るのも頷ける。」

それに続き、全身の毛を逆立てたセロが呻るように、食い縛る歯の隙間から言葉を漏らす。

「・・・空気に、圧力に押しつぶされそう・・・。」

ごくりと喉を動かし、震える体を必死に抑えつけながらティファがやっと言葉を発することができた。
神を相手に、ただのヒューマンである自分に何ができるというのだろうか。
あの力を目の前にすると、先程の決意が簡単に吹き飛んでしまいそうになる。
ティファは目を瞑り大きく息を吸い、何度か深呼吸を繰り返した。

少しだけ、冷静さを取り戻す。
目を薄く開ける。
現状を確認する。
周囲に視線を移す。
魔物達は襲って来ない。
こちらの戦力は、アルバートの剣、セロのスピード、そして自分の持つオリハルコンの矢。
相手との距離はおよそ20歩。
相手はラファエルと密着した状態で座っている。
更には、右手がラファエルの腹部に刺されたままの状態。

ならば、例え相手の速さがいかほどであろうと。
同時に三種の攻撃ならば、捌くにしても手こずるのではなかろうか。
しかし、最後に鍵を握るのは、オリハルコンの矢による攻撃。
これがもし、今のフェリジアにとって効果が無くなっていたら・・・。
これこそが最高の効果を発揮するはずだったこの矢は、神に対して有効なのだろうか。

だが、やらなければ、そこで全てが終わってしまう。
ティファは固い決意とともに、二人に言葉をかけた。

「・・・三人で、同時に攻撃するのはどうかな。」

アルバートとセロがちらり、とティファに視線をやる。

「まぁ、がむしゃらにやるようだが、それくらいしかできないかもな。」

苦笑しながらアルバートが漏らす。

「・・・無闇に突っ込むだけの考えではないのだろう・・・ティファ殿、何か作戦が・・・?」

セロが問い、ティファは苦悩しながらもしっかりと頷く。
その表情からは、どこか苦渋の色が伺えた。



アルバートは速さを重視し、作戦遂行のために鎧を外して軽量化を図った。
すでに上半身は軽微な服装だけとなり、ほぼ無防備といっていいほどの状態となる。
ティファはオリハルコンの矢を地面に数本突き立て、連続で矢を放てるように準備をしていた。
そしてセロはゆっくりとした呼吸を繰り返し、心を落ち着かせ一瞬のために集中している。
アルバートが腰を落として剣を下段に構える。
ティファが矢を番え、いつでも放てるように構える。
セロも全身の筋肉を隆起させ、自身を閃光と化すために地面に爪を突きたてた。

ティファの最初の矢が放たれ、アルバートが疾走した。
おそらくフェリジアはオリハルコンの矢を、避けるか防ぐかの行動を取るであろう。
そこに時間差を置いたアルバートが奇襲をかける。
さらにもう一呼吸おいてセロが追加の攻撃を仕掛ける。
まず優先して狙うべきは、フェリジアをラファエルから引き剥がすこと。

最初の矢は、いとも容易く避けられる。
そこへアルバートの背後から、アルバートを追い越して頬を掠めるようにもう一本の矢が放たれている。
仲間の背後からほぼ直線上にある敵に向けてやを放つには相当の集中力が必要なはずだ。
それをティファは実行し、またアルバートも背後からの矢を恐れることなく、ティファを信頼し、ただ一直線にフェリジアに向けて疾走した。
アルバートは自身の持てる最高の速度でフェリジアに肉薄する。
まるで時が止まったかのように錯覚する集中した一瞬の中で、自分の目を疑うことになる。
自分を追い越しフェリジアに放たれた二本目の矢は、間違いなく命中する軌道だった。
しかし、フェリジアはそのオリハルコンの矢を、左手であっさりと掴み取った。
アルバートの、一瞬の驚愕。
しかしそこで勢いを止めることはない。
最高の速度を保ったまま、フェリジアの肩辺りを狙い、剣を振り切った。

アルバートは、自分の攻撃が命中すると確信する。
しかし、またもや彼は信じられぬ事象を体感することになる。
正に命中するという刹那、剣の軌道が何かの力によって変えられる。
剣は大きくフェリジアを外れ、そのまま彼女の背後へと流れ、アルバートもまた勢いを保ったまま横を通り過ぎた。
そしてそれを追うかのように、閃光となったセロが波状攻撃を仕掛ける。
更に、セロの攻撃と軌道の違う矢による追撃が二本続く。
絶対に避けられない。
体勢を立て直しながら振り返るアルバートと、フェリジアの目の前に迫ったセロと、次の矢を番えるティファも、そう確信した。
その現実が眼前に迫っているにも関わらず、フェリジアの口元には冷たい笑みが浮かんでいた。

三者の確信は、無残にも全て打ち砕かれ、打ち落とされる。
セロと二本の矢は、見えない力によって横から叩きつけられ、地面に落下した。
凄まじい力で地面に叩きつけられるセロ。
放たれた矢も大きく弾かれ地面に落下する。
三者に驚愕の表情が浮かぶ。
そしてそれは大きな絶望へと塗り替えられた。
フェリジアを取り巻く力。
それは、上位種であるエルフの力。
フェリジアの本来持っていた風の精霊の力だった。

フェリジアは掴み取った最初の矢を、ぽきりと折り、相手を凍てつかせるような笑みを浮かべる。
オリハルコンの矢による威力も無効となり、更に新しい力として風を操る能力すら手に入れたフェリジア。
完全体となったフェリジアに対し、勝率は無くなった。

ごうごうと音を立ててフェリジアとラファエルを取り巻く竜巻のような風。
その中心で、フェリジアの高らかな笑い声が木霊する。

膝をつき、絶望に打ちひしがれるアルバート。
よろよろと体を起き上がらせるも、最後の力を振り絞ったため、すでに戦える状態ではないセロ。
その場で力なく座り込み、矢を構えることすら諦めてしまったティファ。

アルバートと、ティファと、セロの、敗北が決定した。
それは、三者が避けられぬ死を、それぞれ悟った瞬間でもあった。


posted by ラストエフ at 04:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハマるね〜一気に読んじゃいました。続きを楽しみにしてます(^O^)/
Posted by ちぷ at 2008年09月27日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。