2009年09月11日

占い師「いらっしゃい」

いらっしゃいませ、占いの館へようこそ。
どうぞお掛けになってください。
そう緊張されなくても大丈夫ですよ。
リラックスなさってくださいな。

まずはこの薬湯を飲んでください。
落ち着くはずですよ。

さて、それじゃあ早速占ってみましょうか。
何を占ってほしいのかわかるのかって?
ふふ、貴女のような若い女性が何かを決心したような表情でここへ来るということは、内容はあらかた予想できますよ。
おそらく・・・心の奥にほのかに揺らぐ淡い気持ちについて・・・といったところではないですか?
ふふ、大当たりのようですね。
貴女のような方は何人も見てきていますから。
決意を秘めた表情の方。
恥ずかしげな態度の方。
期待に胸膨らませた方。
色んな方々がいらっしゃいましたけど、そのほとんどが貴女と同じ内容でしたから。

さて、それじゃあ始めましょうか。
気持ちを落ち着かせて・・・。
目を閉じて・・・。
私の手を取って・・・。
もう片方の手で、この水晶に触れてください。
そう、深呼吸して。

・・・

・・・・・・

見えてきましたよ。
まず、貴女について。
お若いのにとてもしっかりしている。
その若さでひとつの血盟を背負っていますね。
多くの仲間達に囲まれ、支えられて、とても充実しているようですね。
そして、一人の想い人がいますね。
彼に想いを伝えられないのは・・・。
自分が血盟主という立場だから?
それとも・・・種族が違うから・・・?
・・・相手に・・・忘れることのできない過去があるから?
その葛藤が、貴女の胸の中で渦を巻いていますね。
それでも、今の貴女は現状に満足している。
想い人の傍にいることが。
想い人が傍にいてくれることが。
何気ない会話があり、共に戦い、歩んでくれていることに。

そして同時に不安もある。
想い人が自分のことをどう想っているのか。
自分が彼の隣に立ってもいいのか。
彼が、いつまで仲間としていてくれるのか。

なるほど・・・。
では、次は貴女の目を借りて、そのお相手のことを見てみましょう。

・・・

・・・・・・

見えてきました。
落ち着いた雰囲気の男性ですね。
彼は・・・とても悲しく、辛い過去を胸に抱いている。
とても、とても重い十字架を秘めているように見えます。
お強い方ですね・・・。
なによりも心が。
一度、その悲しみから逃れようと、自らの死を選びそうになったこともある。
でも、それを乗り越えてさらに強くなった。
ふむ・・・。
どうやら、彼はそのことで貴女や仲間に対してとても恩義を感じているようですよ。
彼の目には、深い優しさと感謝が秘められているのが見えます。
あまり態度に出すことはないみたいですね。
ふふ、その辺りは少し不器用なのかもしれませんね。
貴女にも心当たりがあるんじゃないですか?
彼の不器用な態度に。


目を開けてもよろしいですよ。
お疲れ様でした。

さて、と。
貴女は先の見えない未来、そして自分の心の行方に対して大きな不安を抱いていますね。
でも、未来に対する不安というものは誰もが持っているものです。
その恐れは間違いでもなく、正解でもなく、ごく当然のものなのです。
私の役目は、貴女の進む道を指し示すことではなく、少しだけ一歩を踏み出すためのお手伝い。
背中をそっと押してあげることです。
それを踏まえて、私の見えた占いの結果をお伝えしますね。

彼・・・貴女の想い人は。
貴女にとても感謝している。
そして、護りたいと思っているようです。
残念ながら、貴女に対する特別な感情というのは、直接本人と対峙してみないとわかりません。
ですが、とても優しく、そして強く、貴女とその仲間達を大切に想っていることは確かです。

そして、貴女の歩いている道の先。
それは決して暗いものではない、とだけ言っておきましょう。
貴女の勇気と気持ち次第で、この先は大きく変わることでしょう。
貴女の心はとても素直で、美しく、優しく強い。
自分を信じて、まっすぐに歩いてみては?

そうすれば・・・







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


リオーネ「おかえり〜、どうだった?あれあれあれ〜。何よ、その表情は?すっごい晴れやかじゃないの。なになに?どんなこと占ってもらったの?なんて言われたの〜?・・・。え〜〜、なによけち〜!教えてくれたっていいじゃない!顔真っ赤にしちゃってー!気になるでしょ〜。おねーさんに隠し事なんて!教えてくれるまで帰さないわよ〜!あ、ちょっと!こら、待ちなさ〜〜い!!」


posted by ラストエフ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。