2008年03月28日

女主人「いらっしゃい」

(からんからん)


いらっしゃい
酒場「虹色の風」亭へようこそ

ご注文は?

ん?
紹介?

ふむ・・・困ったな・・・

私は昔から口下手でね
よく無愛想だと言われるくらいだ
喋るのはあまり得意じゃないんだが・・・

私の拙い言葉で良ければ紹介しよう


まずはここ、「虹色の風」という店を紹介しようか
この名前にはいくつかの意味が含まれていてね
たくさんの旅人や冒険者が訪れ、去っていく
流れる風はその場に留まることがないように
そんな風達がふと足を止めて立ち寄っていくような店
そして旅や冒険の疲れを少しでも癒せるような店
そういった願いがこめられているんだ

新しい風や懐かしい風
世界には色んな風がいる
この店に来る風も様々だ

それで、虹色
風はこの店に訪れる客達
・・・という意味だ

他の意味?
ふむ・・・
意味というか、簡単に言えば私が所属する血盟の名前をそのまま頂いたんだ
もちろんそこの君主には了解を得ている
なかなか居心地のいい血盟でね

先代の君主はもう隠居して、今はその娘が君主の座に就いている
まだ若いが、しっかりした子だ

血盟の紹介はまた今度にしようか


次は私の紹介だね
私の名は「エルガ」
この店の店主と料理長をしている
もちろん一人で経営しているわけじゃない
私を支えてくれる夫と、昔からの友人が手伝ってくれている
二人の紹介はいずれ本人にしてもらうといい

昔は剣を手に世界を回ったこともあるが・・・
今の血盟に所属していた人から料理の腕を見込まれてね
その人が引退する時にこの店を譲り受けたんだ
こういった店を持つのは夢でもあったし
根無しだった私には願ってもない話だったね
今では毎日が楽しくて仕方ない

たまに客同士の諍いがあったりもするがね
もう慣れてしまって日常茶飯事さ


・・・
そんなに嬉しそうに話してたかい?

ふう
珍しく多弁になってしまったな
こんなに喋ったのは久しぶりだ

ふむ
もうこんな時間か
そろそろ慌ただしくなってくるな
料理の下ごしらえでも始めるとしよう


今日はもういいのかい?
そう
またいつでも来ておくれ



(からんからん)
posted by ラストエフ at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。