2008年05月21日

26:再会の刻

不意に姿を現したのは、紛れもなくかつての最愛の妻であるフェリジアだった。
予想以上に近くまで気配を感じなかったことに驚きを隠せないラファエル。
よくよくその姿を凝視すると、いつものような笑みはやや薄らいでおり、どこか不安定な存在に感じることができた。
満月が近いことによる影響なのか・・・
理由はわからないが、明らかに今までとは何かが違っていた。

フェリジアは、二人のヒューマンと周囲の様子を窺うために二人から数歩離れたラファエルとの間を断つように現れた。
そして二人のヒューマンを包囲するように、他の魔物が森の中からゆっくりと姿を現す。
即座に戦闘態勢に入り、ティファを背後に護るように剣を構えるアルバート。
自身を支配していた疲労感を追いやり、立ち上がって弓に矢を番えるティファ。
そして、最大の敵であるフェリジアと対峙するラファエル。

それぞれが、最後の戦いに身を投じた。



「見つけた・・・」

ゆっくりとラファエルとの距離を縮めながらフェリジアが言った。
これまでと同じように、ラファエルを欲するかのような発言。
しかしその目にはどこか焦りのような、それでいて歓喜を含む複雑な感情を窺うことができた。

「貴様から姿を現すとは・・・好都合だ・・・」

ラファエルは自分でも不思議なほどに落ち着いていた。
二人のヒューマンとの出会いと、共に肩を並べて戦った短い時間の間で、自分の中で何かが変わったのだろうか。
かつては怒りと悲しみに塗りつぶされた黒い殺意だけで戦っていた。
今は、仲間への思いと、妻への想い。
新たな決意が、この場においてのラファエルを少なからず変えていた。

彼らには、最後の賭けがあった。
フェリジアを救うために。
満月が昇れば、彼女を飲み込んだ魔物の性質が力を増すことが予想される。
その時に彼女の身に何が起こるかはわからないが、魔物の力が増大した状態で、『特別製』の武器によっての攻撃を行う。
そうすることで魔物である部分だけを浄化し、彼女を救うことができるのではないか・・・
成功するかどうかは誰にも予測できず、またこの方法で果たして救うことができるのか・・・
しかしそれには最大の鍵が二つ必要となる。
『満月』と『武器』である。
日没までにはまだ時間がある。
そしてセロがまだ到着していない。
二つの鍵がこの場に揃うまで、三人は耐える戦いを余儀なくされる。

アルバートが、位置を分断されたラファエルに視線をやる。
二人の視線がぶつかる。
ラファエルは最初、何とか二人の元へ合流することを考えていた。
しかし、アルバートの目に宿る意志を読み取ったとき、少なからず驚愕した。
彼の、いや、彼らの目は確かに語っていた。

こちらのことは気にするな
自分の戦いに決着をつけろ

と。
ラファエルに応えるかのように、アルバートが不敵な笑みを浮かべる。
そしてティファも同じように強い決意の眼差しを以て気丈に微笑んだ。
彼らの強さを頼もしく思い、またその決意に背中を押されるようにラファエルの心に炎が宿る。
ラファエルもまた力強い決意を宿した視線を二人に送り、それに応えた。

迷いは、ない。

生きて帰る。
4人で。
彼女をこの手にかけ、自身の命も絶つという選択をしたこともあった。
だが、今は違う。
護るべき仲間がいる。
救うべき相手がいる。
倒すことが彼女に対する救いになると思っていた。
違う。
捕らわれている妻の魂を救い出す。
また、同じ時を共に生きるために!



ティファとアルバートはお互いの背中を守り合うように立ち、包囲する魔物達と向き合う。
ラファエルはフェリジアと向き合い、固い決意とともにクロウを両手に装着した。

その姿を見て、微かにフェリジアの表情に笑みが浮かぶ。
彼女の右手から液体のような物が捻出され、徐々に刃物の姿を形作る。

「・・・さぁ、ひとつになりましょう・・・愛しいラファエル」



最後の戦いが

始まる。
posted by ラストエフ at 04:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも更新楽しみにしてます。頑張ってください
Posted by 尻鯖DEXプリ at 2008年05月24日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。